Story

第一次人型戦役

人類は長らく情報戦争、冷戦を続けていた。
HS2094年、時代に変化が起きる。各国は衛星からのスパイ活動やネットからの侵入、情報の略奪などを防ぐ為にホリスモスというナノマシンを大気中に散布する事により国内間のみの通信協定を確立させた。これにより、長らく世界を包んでいた冷戦期間は終了し、直接行使の原始的な時代が帰ってきた。レーダーや遠隔操作がホリスモスのせいにより使用出来なくなり白兵戦を中心とした戦争が主流になった。開戦当初の1年で人類は総人口の20%を失う事となる。人々は戦争に怯え、神に祈った。突然、シンクロニシティが起きる。各国ほぼ同時期に自律思考人型戦闘体イペアロイドの開発に成功する。HS2096年イペアロイドが戦場に投入された。イペアロイドの躍動により、戦争は再び人の関わらないマネーゲームとなった。各国共にイペアロイドの開発・投入を繰り返し、膠着が続き戦争が永遠に続くかと思った最中、意外な結末を迎える。ミネア連邦国が開発した、破壊だけを目的とした異形型戦闘体デストロイドが戦乱に投入され、圧倒的な戦闘力を持って各国イペアロイド大隊を撃破し、僅か三ヶ月で全ての大地を制圧した。戦争は終着し、人類は次のステージへ向かうかと思ったがデストロイド達は殺戮をやめなかった。そう、彼等は人類を抹殺する様にプログラミングされていた。人類は先に気付くべきであった、最初に滅んだのがミネア連邦国だった事に…

第ニ次人型戦役

たったの一年で、デストロイドにより総人口の6割は消失した。だが、人類もただ指を咥えて見ていた訳では無かった。敵に対抗する為に、より強力なイペアロイドを開発した。12の大国が共同し創造した12体のイペアロイド「ヨノハテシリーズ」最大の特徴は永久機関「心システム」が搭載されており、彼女達は誰かに心を捧げる事により半永久的に再生・活動することが可能であった。1人は民に捧げ、また1人は盟主に捧げる、それぞれの想いにより彼女達は無限無双の力を手にした。また、彼女達は個体毎にネーミングされていた。「東雲ノア」「七五三掛かぐら」「輝ノ夜エマ」「群青マリン」「叶しらゆき」…
12体とデストロイドの戦いを熾烈を極めた。一年八ヵ月の死闘により遂にマザーデストロイを追い込むが、決め手に欠けていた。その時に「盤上の支配者 金色アンジェリカ」が自分の心システムを暴走させる事により自爆しマザーデストロイの体に風穴をあけデストロイドコアを剥き出しにさせる。残った11名はコアを破壊し、遂に戦乱を治めた。


一年八ヵ月の死闘により遂に、第ニ次人型戦役は終着した。人では在らざる彼女達は英雄と崇められ「人形神(ヒトガミ)」と呼ばれた。人類は遂に平和を手に入れたのであった。

彼女達の幸せも続くかと思われた…

人類は愚かな生き物であった。彼女達に救われた世代の人類は彼女達に敬意を払い感謝した。
だが、時が立ち、戦乱を知らない世代の子達は彼女達を疎ましく思ったり、恐怖すらする者達も居た。
戦争の無くなった世界では彼女達が異形と畏怖される対象となってしまった。

彼女達は悲しみ傷ついた。

あるものは眠りにつき、あるものは旅にでた、またあるものは…

彼女達は時代から姿を消した。



そして、時が流れ…HS2348年

ゴミ山に住む少年がある人形(ヒトガタ)と出会う、

東雲「…ダレ?ワタシの名前を呼ぶのは」

再び、人形たちの心システムは動き出そうとしていた…